相棒で成宮寛貴のseason13最終回のあらすじは最悪だった!?

右京の相棒で衝撃的な最終回といえば甲斐亨だと思います。

特命係の相棒として明るく正義感もあり右京にも従順だった甲斐亨が、逮捕されて特命係から名札をはずすなんて展開は、驚きと同時に寂しい気持ちになりました。

今回は、「相棒season13 衝撃の最終回のあらすじ&甲斐亨役の成宮寛貴さん」について特集したいと思います。

相棒season13 衝撃の最終回のあらすじ

甲斐亨の衝撃の最終回のタイトルは、「ダークナイト」でした。

学生時代に友達の妹が、通り魔に殺されたことから甲斐亨は、ダークナイトになり犯罪者に制裁を与えてきました。

そして、ダークナイトが、不正流用疑惑のある都議会委員を殺害する事件が、おきます。

甲斐亨は、「ダークナイトの模倣犯だ。」と主張する。

そして、この事件の犯人は、別の人間で甲斐亨では、なかった。

しかし、右京は、甲斐亨の言動に対して何か怪しいと感じていた。

結局、ダークナイトは、甲斐亨である事が、分かり逮捕され懲戒免職になってしまいました。

 

相棒season13 衝撃の最終回甲斐亨の逮捕について

 

相棒が、逮捕されるという衝撃の最終回は、ファンの間でも話題になりましたね。

甲斐亨が、特命係で事件を解決している最中もダークナイトとして制裁をしていたとすると右京も騙されていた所もありそうですね。

そして、恋人の笛吹悦子も甲斐亨の行動のすべてを分かっていたわけでは、なかったということになります。

しかし、ダークナイトとして活動しているなら恋人を作らなければ良いのにと思いました。

この事件により右京は、海外に旅立つのですが、逮捕された甲斐亨を前に寂しそうな何とも言えない表情をしています。

父親も警察のキャリアである事を考えると甲斐亨のおこした事件は、大問題であると考えられますね。

 

 

 

相棒season13 衝撃の最終回甲斐亨のこぼれ話

 

さて、甲斐亨は、事件をおこしたものの性格は、好青年でした。

漫画に登場しそうなイケメン刑事である甲斐亨のエピソードを紹介したいと思います。

特命係の部屋で好んで飲む飲み物は、コーラ(爽やかですね)

交番時代は、女学生に人気が、あった。(年上から年下までモテモテですね)

事件の捜査でボクシングジムに通った際にかなり本気でトレーニングする(キレッキレの動きをしてます)

スポーツ万能でモテモテの甲斐亨は、特命係にフレッシュな空気を運んでくれましたね。

 

 

さて、「相棒season13 衝撃の最終回のあらすじ&甲斐亨役の成宮寛貴さん」は、いかがでしたか?

相棒では、特命係に配属されたメンバーにも驚きの展開もあるという事を証明した回でしたね。

伊丹刑事と特命係の挨拶「どうも」のセルフで締めたいと思います。

ここまでおつきあいしてくれて「どうも」

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です