刑事7人 山下巧は黒幕?罪はどうなった?

東山紀之さん主演ドラマ「刑事七人」に片岡愛之助さん演じる山下巧が、ゲストとして登場しました。

第3シリーズで拳銃自殺を図っていた山下巧が、なぜ登場したのでしょうか。

そこで「「刑事7人」 山下巧は黒幕?罪はどうなった?」を特集したいと思います。

「刑事7人」の山下巧の最終回ネタバレ

最終回では、山下巧は、権力者の馬久根恒義を裁けない事から「御厨一豊」という架空の人物になり介護士の林敬子に馬久根恒義を殺害させました。

天樹悠達が、追っていた黒幕は、山下巧でした。

天樹悠達に犯行を見破られた山下巧は、拳銃で自殺を図りますが、冴村康介が、阻止します。

この時に拳銃自殺を阻止されていた事から東京拘置所から登場したワケです。

この事から山下巧は、殉職もしていないし生きています。

東京拘置所に収監されていたところ天樹悠から事件捜査の協力を頼まれます。

この物語は、第4シリーズの第三話で楽しめます。

この回では、山下巧は、パソコンの技術を利用して事件の捜査に役立ちます。

「楽しかったな」と事件捜査に協力したことを喜ぶ山下巧に天樹悠が、お礼を言うと仲間だからと言って笑顔をみせました。

「刑事7人」の山下巧の降板についてどうなった?

山下巧は、「刑事7人」の第一シリーズから第三シリーズまで仲間の七人として活躍していました。

サイバーセキュリティのスペシャリストでホワイトハッカーです。

階級は、巡査で警視庁捜査一課12係に所属していましたが、社会性に問題ありと判断されて未来犯罪予測センターに左遷されています。

この未来犯罪予測センターは、山下巧だけの部署です。

第4シリーズでは、刑事七人のメンバーではなく降板かと思われましたが、第3シリーズの最終回の犯人であり、東京拘置所に収監されているので役柄的に降板というわけではないと思います。

山下巧の警察としての正義感は、強く「御厨一豊」という架空人物まで考え出して暴走してしまいましたね。

「刑事七人」の山下巧役の片岡愛之助さんについて

片岡愛之助さんは、大阪出身のB型です。

ご結婚されていて奥様は、女優の藤原紀香さんですよ。

藤原紀香さんのインタビューなどを聞いていると仲の良い夫婦だと伝わりますね。

歌舞伎役者であり屋号は、松嶋屋です。

片岡愛之助さんは、人気漫画「NARUTO-ナルト」を歌舞伎にした舞台でマダラ役で出演しますよ。

10月からのNHK系の朝ドラ「まんぷく」の加地谷圭介役として出演する事が、決定しました。

愛称は、「ラブリン」と可愛らしいですね。

さて「「刑事7人」 山下巧は黒幕?罪はどうなった?」の特集は、いかがでしたか。

山下巧は、個性的で良い味のあるキャラクターだと思うので又、登場すると面白いと思います。

山下巧登場の第三話の平均視聴率は、12.4%と高視聴率でした。

今回は、山下巧の決めセルフで締めたいと思います。

「この山下にお任せ下さい」

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です