絶対零度の主役が上戸彩から沢村一樹に変更した理由は?

フジテレビ系列で7月9日の月曜日の夜9時から沢村一樹さん主演ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」が、放送されます。

今回は、主役が、上戸彩さん演じる桜木泉から沢村一樹さんに変更されています。

 

そこで「絶対零度の主役が、上戸彩さんから沢村一樹さんに変更した理由について」を特集したいと思います。

「絶対零度」の主役が、上戸彩さんだった時の内容

「絶対零度」のシーズン1では、桜木泉が、未解決事件特命捜査対策室の新人刑事として正義感を持って事件解決に挑む姿を描いています。

シーズン2では、特殊犯罪潜入捜査室に配属されています。

瀧河とコンビを組みながら事件の捜査に奮闘する姿を描いています。

ちなみに桜木泉の好きな食べ物は、たぬきうどんとバナナだそうです。

バナナは、すぐに食べられるので捜査中の張り込みでも役立ちそうですね。

桜木泉は、捜査に熱中すると寝泊まりしてまで事件にのめり込むタイプでそのため髪の毛もセットされずにボサボサの時もあるそうです。

そんな桜木泉も今作では、一流の捜査官として登場します。

 

「絶対零度」の主役が、沢村一樹さんになった理由は?

主役が、上戸彩さんから沢村一樹さんに変更になった理由についていろいろと話題になっています。

理由として上戸彩さんが、2歳になるお子さんの子育てをするために主役ではなく特別出演という役柄にしてもらったという説や視聴率が、低視聴率になったらイヤだという理由で主役から降板したという噂もありますよ。

月9は、視聴率が、注目されてしまうドラマ枠なのでテレビ局としては、主役をデビュー23年目で初めての月9ドラマ主演というインパクトもある沢村一樹さんにしたかったという話もあります。

いずれにしても特別出演として上戸彩さんは、出演するので「絶対零度」ファンの方は、楽しめるドラマになると思います。

 

シーズン3の主役沢村一樹さんの役とは?

沢村一樹さんの役は、資料課の室長である井沢範人役です。

元公安のエリート刑事でしたが、ある事情により資料課に配属されます。

実は、この資料課には、重大なプロジェクト任務が、ありました。

それは、これから起こりうる犯罪を15年分のデータからAIが、導き出しそのデータから算出された犯罪になりうる人物などを未然に防ぐという任務です。

さて「絶対零度の主役が、上戸彩さんから沢村一樹さんに変更した理由について」
の特集は、いかがでしたか。

上戸彩さんは、保育士を目指していた時期もあったそうです。

チャイルドケアライセンスも取得していることから子供の事が、とても好きな女優さんだと思います。

今回の主役変更の噂である子育てのためという噂も理由としては、ありそうですね。

今回は、桜木泉は、謎の失踪をしているそうですが、物語の中では、重要なものを握っているそうです。

ドラマの中で桜木泉と井沢範人が、協力して事件を解決する姿もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です