『未解決の女』の原作本は!麻見和史先生のブログもあった

鈴木京香さんと波留さんのW主演「未解決の女」には、原作小説が、あります。

角川文庫から出版の「警視庁文書捜査官」というタイトルで麻見和史先生の作品です。

アマゾンの評価も良い人気作品です。

そこで「「未解決の女」原作について」を特集します。

「未解決の女」原作者麻見和史先生について

原作小説の麻見和史先生は、千葉県出身なのです。

第16回鮎川哲也賞を「ヴェサリウスの棺」で受賞します。

麻見和史先生は、ブログを書いていてとても優しそうでフレンドリーな人柄を感じられる内容になっていますよ。

ブログのタイトルは、「麻見和史のミステリー日記」です。
⇒「麻見和史のミステリー日記」はこちら

愛猫のるう太ちゃんのかわいらしい姿にほっこりしますよ。

麻見和史先生の作品についても紹介されています。

麻見和史先生は、本格ミステリー作家クラブのメンバーです。

「未解決の女」原作について

「未解決の女」の原作は、現在三冊出版されています。
「警視庁文書捜査官」、「緋色のシグナル警視庁捜査官エピソードゼロ」、「永久囚人警視庁捜査官」です。

警視庁文書捜査官 (角川文庫) [ 麻見 和史 ]

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) [ 麻見 和史 ]

永久囚人 警視庁文書捜査官 [ 麻見 和史 ]
「警視庁文書捜査官」では、アルファベットの解読、「緋色のシグナル警視庁捜査官エピソードゼロ」では、遺体の傍の赤い文字「品」と「蟲」の文字解読、
「永久囚人警視庁捜査官」では、「永久囚人」という本の解読をします。

 

「未解決の女」原作者浅見和史先生の他の小説のドラマ化情報

 

浅見和史先生の原作小説は、「警視庁文書捜査官」以外にもドラマ化されているものが、あります。

新潮社出版の「特捜銃弾」が、「特捜セブン~警視庁捜査一課7係」として土曜ワイド劇場で放送されました。

主役の岬怜司役を中村俊介さんが、演じています。

そして、WOWWOWの連続ドラマWとして講談社出版の「石の繭警視庁殺人分析班」と「水晶の鼓動警視庁殺人分析班」が、放送されました。

主役の如月塔子役を木村文乃さんが、演じています。

物語の描写として過激な所もありますが、とても迫力のある作品になっています。

物語の順番として「石の繭警視庁殺人分析班」から観る事をオススメします。

この作品は、レンタルビデオ屋さんでもレンタル可能です。

さて、「「未解決の女」原作」の特集は、いかがでしたか?

「未解決の女」以外にも浅見和史さんの原作小説が、土曜ワイド劇場やWOWWOWで連続ドラマとして放映されていたことが、分かりましたね。

本格的なサスペンスの浅見和史さんの原作小説である「未解決の女」は、注目のドラマだといえますね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です